読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまのじゃく

好きなものを好きなだけ

防振双眼鏡を買ったオタクの覚え書き

 

よくある防振双眼鏡ステマブログかと思いきや、自分の覚え書きです。安い買い物じゃなかったけど、後悔してないので、覚えておきたくて。

 

 

2016年10月20日

ヒルナンデス!の番協に行く。

至近距離で横山さんと淳太くんを見て「ライブもこのくらい近ければ……あー、双眼鏡か」と散々悩み続けていた防振双眼鏡の購入を決める。この辺ちょろい。

 

商品はジャニオタ御用達のCanon 10×30に決める。元々いろいろな方のブログで使用感などを見て、使うならこれかなと思っていた。(店員さんに聞いたところ8倍であれば防振機能はあまり意味が無い。10倍くらいからブレが大きくなるとのこと。8倍10倍で防振がいらなければレンズが明るいもので十分。値段はピン切りだけど、1万もあれば結構明るく世界が変わる。防振機能も店員さんに寄っては勧めてこないけど、長い間ただひたすらに自担を追うのでブレないに越したことはない)

 

ヒルナンデス帰りの電車で注文。価格ドットコムで一番安いところ。店舗で買うより一万弱安い。

 

しかし、ネットの方が来るのが遅い。それが落とし穴!

 

12月24日、25日京セラドームでのライブに使いたくて3ヶ月前に注文したけど、結果的に間に合わなかった。ネットだと問い合わせても、曖昧な答えしか返ってこなくてやきもき。同時期に店舗で取り寄せを頼んだ友達は間に合って、少し後悔したけど、安いに越したことはないってことにしておく。

 

 

2016年12月28日 

届きました。遅いよぉぉぉぉ!!!!!もう少し、もう少しだったのに…!!!!!

 

2017年1月13日

防振双眼鏡デビュー!デビュー戦は京セラドーム(エイタメ1日目)。

2階スタンドで決して近いとはいえない席。ずっと防振覗いて、自担を追ってみる。

「あ、この衣装こうなってたのか!」なんてとにかく感動。上半身裸の自担を凝視するのはなんとなく恥ずかしかった(笑)いやぁ、綺麗なお体で……(変態)遠かったけど、衣装に使われていたの新聞の見出しとかなんとなくわかるし、その衣装から覗くパンツゴムの色も見えたよ。(ところで横山さん、パノラマ衣装のオーバーオールの肩紐片方いつの間に下ろしたの?謎。)

細かいところはやっぱり防振機能がなければ見えないところだと思うし、元々きつい乱視が入っているわたしとしては良く見えるのはほんとに嬉しい。

 

確かに重いけど、普段カメラをぶら下げているからか割と平気。ボタン押しながらピント調節もできる。あ、わたしの手が大きいからかな?あと、元々持っていたものより明るいし、性能も良いので防振機能なくても十分良く見える。

 

その後、なうぇすとツアーにて横アリ、宮城セキスイハイムアイスアリーナで使用。

横アリ①スタンド前列センステくらいの位置。メイン、センター、バック、どのステージにも対応。ギター弾き語りや動きが少ない曲では防振機能使わなくても追えるけど、踊る動く人が多いって曲では防振様々。

横アリ②2階スタンドメインステージ横。バクステはさすがに遠いけど、センステなら良く見える。センステ真横くらいなのでセンステでやる曲の自分のパートまで待機してる様子とかビジョンで抜かれない間どんな顔してるのかもよく見えた。「ちょ、あそこ2人、ここでこんな可愛いことやってたの!?」みたいな発見があった。

横アリから出たわたしの一言目「今ならしげおかくんの衣装詳細言える」相方爆笑ののちドン引き。

 

宮城①スタンド前列。丁度リフターがあるところの目の前でたくさんメンバーが来るのでそういう時は使わなかった。目の前にいるのに遠くの人見たらなんか感じ悪いかなぁって、変なところで気が弱いわたし(笑)横アリ②と似た位置だったのでセンステ、メンステを主に見るのに使った。バクステはビジョンの方がいいかなと判断。

宮城②アリーナセンステ付近。アリーナだと前の人の頭にかぶったりして見にくい。わりかし身長が高いわたしですら、「あの人の頭が良く見える…」って状態。少しずれれば問題ないけど、埋もれちゃう人は注意。双眼鏡なしでも十分な距離なのにずっと防振覗いてた。ほんとに一瞬一秒逃さない!って意気込みだったので(笑)衣装の詳細とか、暗転した時の様子もわかったし、外周やスタトロが誰かな〜ってチェックもしやすい。

 

しかし、防振ばっかり覗いてるから視野が狭い。とにかく自担情報しか持ってない問題。曲中にビジョンに流れる映像にツアー四回目にして気づく…(笑)ただ、自担のことだけは異常に詳しい。

 

 

 

f:id:aoiii81:20170219093354j:image

わたしの相棒。

でかい。まあまあ重い。

 

f:id:aoiii81:20170219093429j:image

ストラップは元々一眼カメラ用に欲しくて悩んでいたストラップを友達にプレゼントしてもらいました。ドラマ「時をかける少女」で主人公が使っていて一時的に売り切れたもの。元々狙ってたのに、ドラマの影響で買えなくなって、諦めかけていたので友達に感謝です。

普通の双眼鏡よりも重く、首に負担がかかるのでストラップは太目でクッションがあるものにしようと思っていました。元々一眼カメラユーザーなので、その点に謎のこだわり。

 

このストラップ、赤がかなり目立つらしく、スタンドのわたしをアリーナに入っていたお友達に見つけられた(笑)そのうちWESTと関ジャニの現場に現れる「赤ストラップ双眼鏡ババア」 って呼ばれそう…参戦服に自担カラー入れてなかったらもれなく赤担と思われそう。いや、すっごい気に入ってるんだけどね(笑)

 

f:id:aoiii81:20170219093714j:image

よく紹介されている防振ボタン用のゴムですが、作る暇がなくて手元にあったNEWSのグッズを使用。なんとかなる。周り見てるとセクゾのグッズとか結構使ってる人を見かけるし、ゴムでモチーフで押さえることができればなんとかなるみたい。でも使ってるうちにずれたりするので、そのうち自作すると思う。

 

使わない時は一眼用のドライボックスに一緒に入れて保存。現場の時はクッション性があるポーチに乾燥剤(おせんべいのやつ)を入れ、予備電池も入れて持ち歩いてる。付属のポーチは固くて入れにくかったので、別に可愛くてクッション性があるのを購入。とにかくカメラの時からカビが怖い。除湿!除湿!(あくまで私流)

 

 

 

以上、自己満足覚え書きブログでした。

(他会場で使用後、追記予定)